イメージ画像

経営改善支援センターについて

 
金融円滑化法の出口対応(出口戦略)の一環として、中小企業再生支援協議会に併設されるかたちで「経営改善支援センター」が平成25年3月より運営を開始しています。

概要について

金融円滑化法の出口対応に係る金融調整を行う場合、この経営改善支援センターを窓口として、認定支援機関と共に経営改善計画を策定することになります。

経営改善計画策定については、策定を支援する認定支援機関に対し業務費用(フォローアップ費用を含む)の総額に対して、経営改善支援センターが2/3(上限200万円)を負担することが認められています。

従来、外部専門家に対する費用負担が困難で、なかなか経営改善に取り組めなかった事業者様においても、この補助金制度を活用して、金融円滑化法の出口対応を確実に行うことが可能となります。

利用申請から支払決定までの流れ、申請書類等の詳細については、

こちらをご覧下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2013年4月22日

再生支援NAVI Topへ

このページの先頭へ